Apple、「Apple Card」の国際展開を準備中

「Apple Card」のサポートに関与しているオーストラリアの銀行に近いと主張する情報筋は、「Apple Card」が今年の終わりに複数の新しい地域で発売されることをMacRumorsに伝えています。

Appleは最近、出張や「決済ネットワーク、銀行発行会社、その他のプレーヤーなどの外部パートナーとの連携」を含むいくつかの新しいApple Card Product Managerの役割を宣伝しました。

米国では、ゴールドマンサックスは「Apple Card」の唯一の銀行発行会社です。職務内容は、Appleが米国内の他の発行体、またはより可能性の高い発行体と、世界中の他の地域で「Apple Card」をサポートする交渉を始めていることを示唆している可能性があります。

MacRumorsは、iOSの14のベータ版8のコード内に、Apple CardのEUの一般データ保護規則(GDPR)への参照を発見した。一般データ保護規則(GDPR)は、データ保護とプライバシーに関するEU法の規制です。

「Apple Card」は現在米国外では利用できないため、「Apple Card」に関するヨーロッパのプライバシー法を参照している可能性のあるコードがあるのは不思議に思われます。

クレジット市場と規制が世界中でどの程度異なるかを考えると、Appleが複数の新しい地域で同時に「Apple Card」をリリースするのは難しい注文です。しかし、米国での「Apple Card」の成功を受けて、アップルが国際市場に拡大することは理にかなっています。Appleが来週のスペシャルイベントで国際的な拡大を発表する可能性はありますが

昨年ドイツを訪問中、AppleのCEOであるTim Cook は、「Apple Card」を国際的に発売することに関心を示しました。先月、Samsung は Appleに先駆けて地域に足場を確立するために、Samsung Pay Cardを英国で発売しました。

「Apple Card」の日本展開が待ち遠しいところですが、個人送金機能が使えないと意味がありません。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年9月12日 by M林檎