TSMC、iPhone 12搭載のA14パフォーマンスと今後の3nmプロセスを発表

AnandTechのレポートによると、TSMCは、今後のiPhone 12のA14チップのパフォーマンスと電力効率を明らかにしました。

iPhone 12には、TSMCのより小さな5nm製造プロセスに基づくA14チップが搭載されます。iPhone 11のA13チップをは、7nmでプロセスで製造されました。

5nm製造プロセスのチップは、消費電力が最大30%削減され、最大15%パフォーマンスが向上するなど、多くの利点があります。

どちらを重視するかにはトレードオフの関係ですが、Appleは消費電力よりもパフォーマンスの向上を優先する傾向があります。

TSMCは、2020年の5nmプロセスに加えて、2022年後半に予定されている3nmプロセスの計画の概要を説明しましたこれまでのところAppleの製造計画について推測する。3nmプロセスでは、5nmプロセスに比べて、消費電力が30%と15%向上し、パフォーマンスが向上します。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年8月26日 by M林檎