Apple、iPhone 12 Proに120Hzまたは60Hzディスプレイのどちらを搭載するか検討中

リーク情報提供者のRoss Youngは、ツイートを通じて、AppleはiPhoneの120Hzパネルを入手できたとしても、‌iPhone 12‌ Pro用の120HzディスプレイドライバーICの入手に関してサプライチェーンの問題に直面していると述べています。

従って、Appleは、ドライバICを待つために‌iPhone 12‌ Proの発売を延期するか、120Hzディスプレイなしで‌iPhone 12‌ Proを出荷する必要があります。この遅延を回避するために、同氏は、AppleがiPhone 12 Proで標準の60Hzディスプレイを選択することを予想しています。

120Hzディスプレイのメリットは、より滑らかな映像表現ができることです。
しかし、反面、バッテリー消費量が多いため、消費電力を抑えるためにコンテンツに応じてフレームレートを落とすなどの複雑な制御が必要です。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年8月25日 by M林檎