Apple、年昨年スラエルの写真スタートアップスタートアップCameraiを買収していた。

Calcalistによると、Appleは1年半前に数千万ドルでイスラエルの写真スタートアップスタートアップCameraiを静かに買収し、その従業員の多くがAppleのイスラエルのコンピュータービジョンチームに加わったとのことです。

Cameraiが、ディープラーニングやコンピュータービジョンの高度な機能を含む写真関連のテクノロジーを開発し、すでに「すべてのAppleカメラの重要な部分」になり、AR機能をさまざまな機能に含めたいと思っている開発者の開発を楽にしました。

当初はTipitと名付けられたこの会社は、2014年にAaron Wetzler、Erez Tal、Jonathan Rimon、およびMoty Kosharovskyによって設立されました。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年8月21日 by M林檎