注目のKindle本セール、レイニー鈴木著「総理大臣はボスザルより偉いのか?」8月14日まで299円→無料

注目のKindle本セールは、レイニー鈴木著「総理大臣はボスザルより偉いのか?」です。

価格は、8月14日まで299円まで0円のキャンペーン企画です。

「総理大臣はボスザルより偉いのか?」

日本で最大の権力者は総理大臣。その権力者の行動を見ていると、どこかおかしい!

果たしてその総理大臣や権力者は、サル山のボスザルよりも賢いのだろうか?

権力者の周りには、ラスプーチンのような偽善者、占い師、イエスマンが取り巻いている。
多くの権力者が我田引水で自分の懐を肥やすことに熱心だ。

世界には様々な独裁者が登場し、国民を虐殺する。
日本の総理は、そのようなことはしないが、自己保身と政権を取ること自体が自己目的化している。

【目次】
はじめに
第一章 国家
○サルの喧嘩
○ボスザルの正当性
○使途不明金
第二章 祈祷師たち
○占い師の存在
○為政者に取り入るラスプーチンたち
○日本のラスプーチン
第三章 支配する領土
○国を支配する
○人間の歴史は殺戮の歴史
○欲望とゴミだらけの世界
第四章 市民という幻想
○不自由な市民
○北朝鮮の憂鬱
第五章 二一世紀は独裁国家の時代か
○SF世界が到来
○チャップリンの独裁者、独裁者のヒトラー
○独裁者の末路
○ポル・ポト、毛沢東の狂気
第六章 独裁者の脳裏
○独裁者はボスザルよりも偉いのか?
おわりに

著者 レイニー鈴木(昭和生まれ)
アフター⑲研究所代表
ビジネス&ライフコンサルタント
企画、営業、総務、人事と幅広い職務を経験し、「仕事と生活の充実のためにはどのように生活を変えればよいのか」といった問題に取り組んできた。
最近ではあ、新たに「自己実現」「自己成長」のほかに「セクハラ」「パワハラ」といったコンプライアンスに関係する問題を研究している。
人生のモットーは、「仕事の今を楽しもう」というポジティブアプローチ。
現在は、心の自由人として日々の生活を楽しんでいる。

 

Last Updated on 2020年8月13日 by M林檎