活性化するタブレット市場、Appleは2020年第2四半期に1,430万台のiPadをに出荷!

Canalysが公開したタブレット市場の調査結果によると、Appleは2020年の第2四半期に推定1,430万台のiPadを出荷し、世界1位のタブレットベンダーとしての地位を維持しています。これは、前年同期の1,190万台から19.8%増加しています。

2020年第2四半期のApple自身の収益は、テレワークやオンライン学習て、iPadの売上が大幅に急増したことを示しています。Appleは、販売されたiPadの数やモデルの内訳の詳細については明らかにしていませんが、iPadの四半期の売上は65億ドルでした。

Appleは長い間、世界第1位のタブレットベンダーであり、2020年第2四半期には38%の市場シェアを保持しています。Samsungは世界第2位のタブレットベンダーで、700万タブレットを出荷し、続いてHuawei、Amazon、およびLenovoが続き、それぞれ470万、320万、および280万のタブレットが出荷されました。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年8月4日 by M林檎