Apple、第2四半期はiPhone SEで一人勝ち

IDCが2020年第2四半期(4月ー6月)の世界市場におけるスマートフォンの出荷台数の調査報告を公開しています。

調査では、首位はHuaweiで、2位はSamsung、3位がAppleでした。シェアはそれぞれ20.0%、19.5%、 13.5%でした。

スマートフォンの出荷台数が前年同期で-16.0%も減少する中、でAppleだけが、3760万台で前年同期の3380万台から11.2%も出荷台数を増やしています。
その他の主要メーカーはすべて出荷台数を減らしています。

これは新型コロナの中で、変え控えが起きていましたが、低価格版のiPhone SEが市場を刺激しました。

以下がIDCのレポートです。

Huaweiは、2020年第2四半期に55.8百万台のスマートフォンを出荷し、前年比5.1%のわずかな減少にもかかわらず、1位になりました。Huaweiは、全体的な市場がさらに急速に下落しているため、世界のスマートフォン市場で過去最高のシェア(20.0%)を達成しました。これは、Huaweiの中国での大幅な成長(前年比ほぼ10%)に牽引され、他のすべての地域で同社が直面した大幅な減少を相殺しました。米国の技術禁止の影響を前向きに考えれば、海外市場でファーウェイに不確実性が生じ続けます。

Samsungは2Q20に5420万台のスマートフォンを出荷し、19.5%のシェアで2位に終わりました。しかし、韓国の巨人は前年比で28.9%減少し、上位5社のベンダーの中で最も重要でした。Aシリーズはそのボリュームの大部分に貢献し続けていますが、残念ながらパンデミックのピーク時に発売されたGalaxy S20やGalaxy Z Flipなどのプレミアムデバイスは、値下げにもかかわらず販売の課題に直面しています。

Appleは2Q20に3760万台のiPhoneを出荷し、市場シェア13.5%で3位につけた。iPhone 11シリーズの継続的な成功と新しいSE(2020)のタイムリーな発売により、iPhoneの出荷台数は前年比11.2%増加しました。新しいSEは、低価格のセグメントを効果的にターゲットにして成功しました。これは、消費者がより予算にやさしいデバイスにシフトしているこの危機の時期にベンダーに非常に良い前兆となります。今後の4つの新しいモデルの発表は、5Gの世界へのAppleの参入を示唆し、1年以上使用されていないAndroid 5Gデバイスに挑戦します。

Xiaomiは28.5百万台のデバイスを出荷し、4位を維持し、11.8%の減少にもかかわらず10.2%の市場シェアを達成しました。Xiaomiは中国とインドの両方で前年比で大幅な下落に直面しましたが、インドでのロックダウンと反中国の感情はベンダーに大きな影響を及ぼし、ナンバー1のポジションを維持しているにもかかわらず、前年比で50%低下しました。

OPPOは今四半期でトップ5に戻り、前年比18.8%の減少にもかかわらず、24.0百万台と8.6%の市場シェアを獲得しました。OPPOの出荷の約60%は中国の国内市場への出荷であり、これはベンダーを世界のトップ5に戻すための重要な要素でした。中国では、Aシリーズが再びボリュームドライバーでしたが、新しいReno 4シリーズは非常に競争力のある価格設定により、予想よりもはるかに優れたパフォーマンスを発揮しました。一方、OPPOの2番目に大きい市場であるインドでは、ベンダーは工場閉鎖と消費者の反中国感情に直面して、需要と供給の両方の課題に直面しました。

Last Updated on 2020年8月1日 by M林檎