Apple、2020年第3四半期(4-6月)の決算を発表

Appleは本日、2020年6月27日までの2020会計年度第3四半期の決算を発表しました。希薄化後1株あたり2.58ドルで18%増。当四半期の収益の60%を海外での販売が占めています。

「Appleの6月四半期の記録は、製品とサービスの両方で2桁の成長を遂げ、それぞれの地域セグメントで成長したことによるものです」とCEOであるティムクックは述べています。

「私たちの6月四半期の業績は、困難な時期に革新と実行を行うAppleの能力の強力な証拠でした。「実績のあるビジネス結果により、私たちのアクティブなデバイスのインストールベースは、すべての地理的セグメントとすべての主要な製品カテゴリで過去最高を達成しました。この四半期のEPSは18%増加し、営業キャッシュフローは163億ドルに達しました。これは、両方の指標で6月の四半期の記録です。」

Appleの取締役会は、同社の普通株式1株あたり0.82ドルの現金配当を行います。配当金は、2020年8月13日に、2020年8月10日に営業終了した時点の株主に支払われます。

→Apple Reports Third Quarter Results

Last Updated on 2020年7月31日 by M林檎