Apple、オンライン開催のWWDC 2020は2,200万回のビューで大成功!

Appleの第3四半期の決算説明会で、CEOのTim Cook氏は、完全にオンラインで開催されたWorldwide Developers Conferenceは、イベントのビデオストリームの視聴回数が2,200万回と大きな成功を収めたと強調しました。

Appleは、コロナウイルスのパンデミックによりWWDCを完全にオンラインにすることを余儀なくされた今年、独特の課題に直面しました。

また、オールデジタル化のメリット、および開発者からのフィードバックの一部に言及しました。

たくさんの刺激的な発表があった忙しい週でした。特に、初めての完全仮想WWDCはスムーズに進み、多くの開発者が肯定的なフィードバックを共有しました  。一部の人々は、Appleに今後オンライン形式を使用するよう要求してい  ます。最大のメリットの1つは、従来のWWDCの対面式のイベントと比較して、今年は多くの人々が参加できることでした。

(via 9 to 5 Mac)

Last Updated on 2020年7月31日 by M林檎