Apple Glasse、仮想タッチインターフェイスをサポートする可能性

Appleが、消費者市場向けに「AR / VRヘッドセット」の開発に取り組んでいることが明らかになっています。

最新の噂ではそのリリースは2021年または2022年二なる見込みです。

iPhoneでは画面をタップして、画面に表示されているオブジェクトを操作します。

しかし、Appleが出願した特許では、ARヘッドセットを装着している場合、それは面倒なのでApple Glassesが実際のオブジェクトにコントロールを視覚的に投影し、オブジェクトに触れたときの赤外線熱感知を使用して、検出することで、ユーザーが触れたときに反応することができる技術を開発しています。

もし、これが実現すれば、iPhoneを取り出さなくて良いのでかなり操作性が向上します。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年7月22日 by M林檎