[アップルの神が微笑むプチ仕事論](1)「シンプル・イズ・ベスト」

2000年代以降のアップルは、スティーブ・ジョブスとデザイナーのジョナサン・アイブが、ある意味革新的なデザインで、アップル製品を際立たせてきました。

アップル製品のシンプルさは、ジョブズが禅を好んでいたことと無縁ではありません。

それは、まるで禅の修行のように余計なものをそぎ落として、物事の本質を際立たせるようなデザインでした。デザインを支えたのは、盟友、ジョナサン・アイブでした。

アップルの素晴らしい業績は、ジョブズひとりで打ち立てたものではありません。工業デザインは、天才と言われたアイブがいて、プログラミングは、NeXTの時代から信頼するスコット・フォーストールがいたからでした。

もちろん、その二人を支えるためにさらに多くの人が力を合わせていました。

多くの場合、私たちは複雑さの中で、物事の本質を失ってしまいがちです。アップルは、人々の生活を変えるために製品を再定義することに力を注ぎました。そして、彼らは、iPhoneというスマートフォンで携帯電話を定義し直しました。

Appleは明確な企業理念というものを掲げていませんが、ジョブズは、「テクノロジーとリベラルアーツの交差点」ということを重視していました。そこで、既存の製品の価値の無さに注目し、Appleならでわの手法で製品を再定義したのです。

しかし、Appleのようなシンプルさを維持するためには、物事の本質を見抜く力がなければなりません。

Last Updated on 2020年7月22日 by M林檎