Apple TV+、米国内のストリーミングサービス市場で伸び悩む

市場調査会社によると、Apple TV +は米国のストリーミングビデオ市場のごく一部で低迷しています。現在、Netflixや他の新規参入y差者であるDisney +などのライバルに大きく遅れをとっています。

MoffettNathansonのデータによると、2020年の第2四半期中、Appleはストリーミングビデオサービスを使用する米国世帯の約7%の所をうろついています。

比較すると、Netflixは世帯の約73%、Amazon Primeは約51%の世帯が利用し、Huluは36%です。Apple TV +とほぼ同時に発売されたDisney +は、世帯の約28%とAppleに差を付けています。

AppleとDisneyのサービス開始は、他のサービスの加入者数に顕著な減少をもたらしませんでした。したがって、アメリカ人は以前のものを解約せずに新規に加入したと考えられます。

やはりApple TV+は、コンテンツを充実させる必要があります。iTunes Storeでの映画の販売を考えてなのか、Apple TV+での映画コンテンツが貧弱です。これでは、Netflixに対抗しようがありません。

(via Cult of Mac

Last Updated on 2020年7月17日 by M林檎