ソフトバンク、AppleにAシリーズチップの技術を提供するArmホールディングスの売却を検討

AppleのAシリーズチップのアーキテクチャーを提供しているArmホールディングスについて、所有しているソフトバンクが売却を検討しているとThe Wall Street Journalが報じています。

ソフトバンクはアドバイザーとしてゴールドマンサックスグループと協力しており、株式の完全売却、部分的売却、株式の公募などのオプションについて、調査しています。

Appleは、2006年からiPhoneで使用されているAシリーズチップの技術をArmホールディングスからライセンス供与をうけており、Appleは、今年中にARMベースのチップの使用をMacに拡大することを計画しています。

Armホールディングスの売却が、Appleに影響を与える可能性は低く、AppleがArmホールディングスの部分的または完全な購入に関心を持っているかどうかも不明です。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年7月14日 by M林檎