iPhone 12のモックアップ、5.4インチモデルは初代iPhone SEにつぐ最小サイズ

Appleは2020年に4種類のiPhoneをリリースする予定だとの情報が有力です。

そのサイズと名称は、5.4インチの‌iPhone 12‌、6.1インチの‌iPhone 12‌、6.1インチの‌iPhone 12‌ Pro、および6.7インチの‌iPhone 12‌ Pro Maxです。

6.1インチと6.7インチのサイズの2つのProモデルは、ハイエンドでより高価なデバイスになります。一方、5.4インチのotheriPhone‌とその他の6.1インチの‌iPhone‌は、iPhone 11と同様に手頃な価格になる見込みです。

2020年のすべてのiPhoneは、iPhone 4またはiPad Proに似た新しいデザインgが特徴で、モックアップでは、正方形のエッジのフレームと前面と背面のガラスボディを備えています。

5.4インチの‌iPhone‌は、Appleがリリースした最小の‌iPhone‌になります。元の‌iPhone SE‌よりも大きくなっていますが、オールディスプレイデザインで、4.7インチの2020 ‌iPhone SE‌よりも小さく、5.8インチのiPhone 11 Proよりもはるかに小さくなっています。

4.7インチの‌iPhone‌よりもサイズですが、AppleはベゼルとTouch IDのホームボタンを廃止しているため、ディスプレイが大きくなっています。 2020年のすべてのiPhoneには、Face IDと最小限のベゼルを備えたフルスクリーンOLEDディスプレイが搭載されます。

6.1インチダミーモデルは、予想どおり5.8インチ‌iPhone 11 Pro‌よりも大きく、6.1インチであったiPhone 11‌とサイズが似ています。サイズ的には、既存のiPhoneからそれほど異なりません。

6.7インチモデルは、Appleがこれまでにリリースした最大の‌iPhone‌であり、6.5インチiPhone 11 Pro Maxよりも著しく大きくなっています。より大きなディスプレイを好む人には、6.7インチのiPhoneが魅力的です。

Appleの2つのローエンド‌‌モデル(5.4インチと6.1インチ)にはデュアルレンズカメラが搭載されていますが、ハイエンドモデルにはトリプルレンズカメラが搭載されています。 Proモデルには、iPad Proで導入されたものと同じLiDARスキャナーを搭載しているという噂もあります。

LiDARスキャナーは、これらのモックアップには描かれていません。これは、これらがケースメーカー向けに設計されているためです。ケースメーカーは背面カメラのバンプのサイズを気にしますが、そのバンプ内の詳細は関係ありません。

ほかに一部のモックアップには、電源ボタンの下に新しいカットアウト領域があり、これはデバイスの5Gアンテナに必要であると考えられています。 2020年のすべてのiPhoneは5Gの速度をサポートする予定です。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年7月7日 by M林檎