iPhone 12の生産、1ヶ月から2ヶ月の遅れ

日経アジアンレビューによると、5Gのラインナップ(iPhone 12)の4モデルの大量生産について、工場の閉鎖とパンデミック時の職場の閉鎖が原因で延期されたため、1ヶ月から2ヶ月の遅れに直面しているとのことです。

情報筋によると、Appleは遅延を回復しようと努力した結果、2021年までに発売を延期するという最悪のシナリオに直面する可能性は低くなっています。

Apple本社の社員は、3月に自宅勤務となりましたが、ハードウェア開発チームの一部は5月に本社に戻り、新しいiPhoneの最終構成を早め、可能な限り9月のリリース予定日に近づけようとしています。

ただし、現在の所、iPhoneの最終デザインはロックされていません。

Last Updated on 2020年7月2日 by M林檎