ドイツ銀行の予測、10年以内にキラーインフルエンザのパンデミック、超火山噴火、太陽フレア、第3次世界大戦が発生する可能性が高い

このの記事は、「ディストピアへ」(https://simpledaddy.jp)からの転載記事です。

 

英大衆紙Daily Star(6月18日付)が、ドイツ銀行による調研究に基づく将来予測について報じています。

それは10年以内に起こる4つのディストピアで、現在のコロナウイルスのパンデミックは、比べものにならない災禍になる確率が高いとのことです。

4つの聖書の最後の審判のような災禍は以下の通りです。

200万人を死滅させる大規模なキラーインフルエンザのパンデミック、超火山噴火、大きな太陽フレア、または第3次世界大戦です。この4つのシナリオの内、いずれか一つが実現する可能性は、33%です。

今後20年間になると、確率は56%に増加します。

たとえば、150年前に報告されたような太陽フレアがヒットした場合、それは送電網、衛星通信、インターネットを破壊する可能性があります–これは多くの科学者によって論争されています。

太陽フレアの影響は大きく、通信が途絶し、多くの支払いシステムが機能しなくなり、GPS衛星が広範囲の干渉に直面し、正確な位置情報サービスに依存するすべての個人や産業、特に航空機に悪影響を及ぼします。

これにより、暖房などが使えず、多くの死者が出る可能性があります。

大機な火山噴火では、地球上の待機が火山灰で覆われ、気温が数度も低下する可能性があります。これにより、大規模な飢饉が発生します。

さらに新型コロナウィルスよりも感染力、致死率が高いウィエルスの蔓延や、地球環境の悪化など、様々な原因で戦争が勃発する可能性もあります。

21世紀は、災害の世紀になるかもしれません。

(via TOCANA

フォローをどうぞ!

最終更新日: