Apple、新しいホーム画面を搭載したiOS 14(iPadOS 14)を発表

Appleが、WWDC 2020で新しいホーム画面を搭載したiOS 14を発表しました。

ホーム画面;
すべてのアプリを整理するための新しいApp Libraryが追加されています。アプリは自動的にアプリライブラリに整理されるため、実際のホーム画面ビューにすべてのアイコンを表示する必要はなくなりました。
また、ホーム画面ウィージェットが搭載されています。

iPhoneでのピクチャーインピクチャーのサポート:
iPhoneでのピクチャーインピクチャーのサポートし、iPadエクスペリエンスと非常によく似ています

マップ機能:
ユーザーが二酸化炭素排出量を削減するのに役立つ新機能。「非常に混雑した道路」の詳細など、サイクリングルートの新しいサポート、 EVの充電場所のサポートなどがあります。

CarKey:
iPhone使って、車のロックをコントロールできるCarKeyがサポートされました。

CarPlay:
新しい壁紙オプション、EV充電、駐車場、クイックフードオプションなどの新しいカテゴリのアプリ。BMW 5(20121)シリーズでは、iMessageを介してキーを共有できます。

Apple Clip:
新しいApp Clip機能が追加されており、App Storeからフルバージョンをダウンロードすることなく、アプリケーションにすばやく簡単にアクセスできます。

Siri:
Siriをアップデートしています。インターネットからの回答が改善されています。アイコンのデザインも変わりました。

iMessag:
メッセージをピン留めできる新しいMemoji、インライン返信などが可能になっています。

その他:
Appleの新しい翻訳サービスも利用できます。外国語で書かれたWebページを閲覧している場合は、ワンクリックでインプレースで翻訳できます。

(via 9 to 5 Mac

 

Last Updated on 2020年6月23日 by M林檎