iFixit、iPhone SEを分解!やはりiPhone 8の共通の部品

iFixitが、iPhone SEを分解しました。

iFixitは新しいiPhone SEの完全なティアダウンを公開し、デバイスにはディスプレイ、バッテリー、カメラ、Tapticエンジン、SIMトレイなど、iPhone 8と同様または同一のコンポーネントが多数あることが確認されています。

新しいiPhone SEは、iPhone 8と同じ12メガピクセルのリアカメラセンサーを備えています。チップは、A13チップの改良されたプロセッサーです。 iFixitは、新しいiPhone SEとiPhone 8の前面カメラセンサーが交換可能であることも発見しました。

新しいiPhone SEとiPhone 8のディスプレイアセンブリはほぼ同じですが、Appleは3D TouchモジュールをiPhone SEから削除しました。 iFixitは、iPhone 8ディスプレイを備えた新しいiPhone SEをテストしたところ、3D Touchが機能しないことがわかりました。

この機能は、デバイスのソフトウェアレベルでは無効になっていることを示唆しています。
ティアダウンはまた、新しいiPhone SEがiPhone 8と同じ1,821 mAhのバッテリー容量を持っていいます。

(via MacRumors)

Last Updated on 2020年4月28日 by M林檎