Apple、発熱問題で開発を断念したワイヤレ充電器の「AirPower」にA11チップを使い再挑戦か

Front Page Techのアナリスト、Jon Prosser氏によると、Appleは完全に再設計されたワイヤレス充電パッドに取り組んでおり、正確な領域に電力を供給して過熱を防止する機能を備えています。

Prosser氏は、金曜日にAppleの近接チームのエンジニアとCOVID-19の大流行の間に家で働いていたエンジニアが、最近「C68」と呼ばれるもののプロトタイプユニットを受け取ったと報告しました。 AirPowerという名前には言及されていませんが、説明と詳細はAppleの故障した充電マットと一致しているようです。

充電マットにA11チップを使用するのはやり過ぎに聞こえるかもしれません。ただし、発熱問題を解決するには、A11チップにより、AirPowerは、特定のコイル領域に電力をルーティングし、温度が下がるのを待ってからさらに電力を供給するといった制御が必要です。

Apple Watchは、独自の充電方法を使用しているため、充電するにはより多くのエネルギーが必要です。以前のプロトタイプでは、Apple Watchを他のデバイスと一緒にマットの上に置いた場合、マット全体が過熱し、ほとんどの場合、燃焼したとのことです。

(via Cult of Mac)