Apple、「AppleとGoogle、新型コロナウイルス対策として、濃厚接触の可能性を検出する技術で協力」と発表!

アメリカは、政府も企業も動きが速いですね。日本と違って・・・

AppleとGoogleは、市民の濃厚接触を検知するためのアプリケーション プログラミング インターフェイス(API)とオペレーティング システム(OS)レベルのテクノロジーから成る包括的なソリューションを確立し、濃厚接触の可能性を検出する技術を公衆衛生当局や大学、NGO に提供するとのことです。

これによって、コロナ対策のアプリが作成され、それをApp Storeなどで無料公開するとのことです。

どういう仕組みかというと、Bluetoothで人の接近を感知し、データを蓄積するとのことです。特定の個人がアプリにコロナ感染を入力すると、その情報が過去に接近した人に知らされるとのことです。

Apple→AppleとGoogle、新型コロナウイルス対策として、濃厚接触の可能性を検出する技術で協力

Last Updated on 2020年4月11日 by M林檎