iFixit、iPhone 11用「Smart Battery Case」のX線画像を撮影!

分解修理のiFixitが、iPhone 11用「Smart Battery Case」のX線画像を撮影し公開しています。

iFixitによると、昨年発売のバッテリーケースと比較すると、新しいケースには右側にカメラボタンがあり、押されたときにカメラを開くように設計されています。カメラアプリを開いた状態でボタンを押すと写真が撮られ、押し続けるとQuickTakeビデオが撮れます。

iFixitのX線撮影では、カメラボタンは、ケース内の小さな回路基板でも機能します。回路基板には、写真ボタンまで走る薄くて柔軟な回路があります。回路基板は、ケースの下部にあるLightningポートを介してカメラボタンに接続するように設計されています。

(via MacRumors