Apple、2019年第4四半期(7-9月期)の業績を発表!

Appleが、2019年第4四半期(7-9月期)の業績を発表しました。

Appleの発表によるとサービス、ウェラブル、iPadの販売がが好調だったとのことです。

2019年10月30日、カリフォルニア州クパティーノ、Appleは本日、2019年9月28日を末日とする2019年第4四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は640億ドルと、前年同期と比べて2%増大、当四半期の希薄化後の1株当たり利益は3.03ドルと、4%アップとなりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は60%でした。

売上高として855億ドルから895億ドル
売上総利益率として37.5%から38.5%
営業費用として96億ドルから98億ドル
その他の収入/(費用)として2億ドル
税率約16.5%

「2019会計年度の締めくくりは過去最高の第4四半期売上高で革新的なものとなりましたが、これに大きく貢献したのがサービス、ウェアラブルそしてiPadの加速的な伸びです。お客様やレビューアーが絶賛する新世代のiPhone、本日デビューする新しいノイズキャンセリングAirPods Pro、熱い期待をもって2日後に迫ったApple TV+、そしてこれまでで最高の製品やサービスのラインナップなどもあり、ホリデーシーズンの売り上げについては大いに自信を持っています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム·クックは述べています。