Apple、「iOS 13.2 beta 2」「iPadOS 13.2 beta 2」[Build 17B5068e]を開発者に公開!

Appleが、「iOS 13.2 beta 2」「iPadOS 13.2 beta 2」[Build 17B5068e]を開発者に公開しています。

今回のbeta 2では、以下のような新絵文字が含まれています。(via MacRumors

オランウータン、ナマケモノ、カワウソ、スカンク、フラミンゴはこのアップデートに含まれる新しい動物であり、新しい食品にはニンニク、タマネギ、ワッフル、ファラフェル、バター、カキ、飲料箱、マテ、アイスキューブ、新しい顔、ジェスチャー、ポーズには、あくびの顔、手をつまむ、ひざまずく、立っている人、新しい人が手をつないでいる性別と肌のトーンを含むオプション、補聴器付き耳、耳の不自由な人、機械的腕/脚、杖のある人、車椅子の人、盲導犬、車椅子(手動および電動)、および探針など、いくつかの新しいアクセシビリティ関連の絵文字が含まれています。

なお、これまでのiOS 13.2では、iPhone 11およびiPhone 11 ProモデルのカメラにDeep Fusionが導入されました。 Deep Fusionは、A13 BionicとNeural Engineを使用する新しい画像処理システムです。 Deep Fusionは、機械学習技術を利用して写真のピクセル単位の処理を行い、画像の各部分のテクスチャ、ディテール、ノイズを最適化します。

この機能は、屋内の写真や中程度の照明で撮影した写真を改善することを目的としており、使用しているレンズと部屋の光のレベルに基づいて自動的にアクティブになる機能です。

iOS 13.2と‌iPadOS‌ 13.2の両方で、AppleはSiri機能でメッセージをアナウンスする機能を再導入しました。この機能は、第2世代のAirPodsおよびBeats Proで動作します。

beta1については、以下の記事をご覧ください。