[ベストセラー]このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

組織で働くビジネスマンならば、最低、何回かは転職を考えラことがあるはずだ。ただ、それを実行に移すかどうかは別物だ。

人間にとって、転職で環境が変わることはストレスのかかることだし、転職後の職場の人間関係も心配だ。

「転職に必要なのは、情報ではなく思考法である」というのは、もっともだ。インターネットの転職サイトが人気の時代、転職エージェントの質も見極める必要がある、彼らはノルマを達成するために様々な情報を提供して、早期に転職を成立させようとする、

その中で、自分の考えに従って、どの転職がベターなのかを判断する必要がある。お金なのか、やりがいなのか?

ただ、会社の文化や雰囲気は、入ってみないと分からないが、それを情報収集によって、少しでもミスマッチのリスクを減らす必要がある。エージェント紹介だけに頼るだけではなく、自らも能動的に仕事を探す必要がある。

それが転職失敗リスクを減らす方法だと思う。

筆者自身も何度か転職したが、それは勇気が必要なことだった。偶然にも条件のよい会社に採用されたこともある。だが、いずれ自分の成長に関して限界を感じるようになってきた。もっと別の場所で可能性を確かめたいというのは自然な欲求だった。

以下はベストセラーの「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法」だ。