MacBookシリーズのシザーキーボード採用スケジュール

Appleのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏のレポートによると、2019年第4四半期に発売される16インチMacBook Proのキーボードは、バタフライ機構の代わりにシザー機構を採用すると予測しています。

2020年に他のMacBookモデルのリフレッシュ版も、シザーキーボードを採用します。

Kuo氏は、上の画像のように16インチMacBook Proが発売された後、2020年に登場する将来のMacも、バタフライメカニズムではなくシザーメカニズムになると予想しています。

以前Kuo氏は、Appleが使用するシザー機構は、強化構造にガラス繊維を採用することで、より長いキーストロークとより優れた耐久性を提供し、タイピング体験を向上させると述べていました。シザー機構を備えたキーボードはバタフライキーボードよりも厚くなりますが、Kuo氏は、ほとんどのユーザーが違いを見分けることができないと述べています。

Appleは、2015年のMacBookでバタフライ機構きのより薄いキーボードに切り替え、それ以来、そのすべてのノートブックのリフレッシュに同じバタフライキーボードを使用してきました。しかし、不具合が絶えず、問題を解決することができませんでした。

(via MacRumors