ベスセラー「社長の一流、二流、三流」

上野 光夫 (著)「社長の一流、二流、三流」をLifehackerで取り上げていたので紹介する。

この本のキモは、以下の文章だ。

三流は、社員を自分に服従させ、

二流は、社員のメリットを考え、

一流は、どうやって動かす?

三流社長や三龍管理職は、「社員を自分に服従させ」ることを考える。昔の軍隊式の組織で、自由闊達な雰囲気はなく、影で社員が社長のことを馬鹿にしている。

社長は、さらに馬鹿にされないように権威を振りかざす。

二流は、「社員ののメリットを考え」福利厚生や職場環境を整備する。それはそれで大切なことなのだが、それだけでは生産性は上がらない。

一流は、「どうやって動かす?」かを考える。すなわち動機付け、モチベーションをどのように上げるかだ。モチベーションが上がっている社員は、自立的に動いてくれる。

それには、スキルアップして自己成長ができる環境作りに加えて、社員が、仕事をやり遂げた達成感を感じることが大切だ。

これは、会社員に限ったことではない。新しい仕事に挑戦し、目的を設定し、粘り強くやり続ける。そして、仕事を達成し、やり遂げた満足感を味わう。

このような体験をした人は、まら新たな挑戦を行う。そのような社員を育てられるのが一流の社長、一流の管理職である。