watchOS 6の新機能、OTA(Over-the-Air)ソフトウェア・アップデートが可能に!

watchOS 6の新機能として、OTA(Over-the-Air)ソフトウェア・アップデートが可能になっていることが開発者に公開されているベータ版で堪忍されました。

方法は、Apple Watchの「設定」−>「一般」−>ソフトウェア・アップデートで行います。

ただし、ベータ版ではiPhoneでのwatchOSの利用規約に同意する必要があります。

これについては、正式版では、Apple Watchの「設定」アプリでの同意に移行される可能性があります。

https://twitter.com/horwitz/status/1140700946500116481

(via MacRumors

Last Updated on 2019年6月19日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です