Apple、iOS 13 / iPadOS 13 beta 2を開発者に公開!

Appleが、iOS 13 / iPadOS 13 beta 2を開発者に公開しました。

今回からiOSは、iPhoneとiPod Touch用となり、iPadOSがiPad用ということで明確に分離されました。

一番目立つのは、ダークモードが搭載されたことです。

写真アプリは、インテリジェントな編成と改良された、強化された編集ツールを使って、年間を通して様々な写真の瞬間をよりよくキュレーションした最新のレイアウトを特徴としています。

Portrait Lightingの調整はカメラアプリで調整できるようになりました。ほかにアプリのダウンロードサイズを小さくし、起動時間を短縮し、Face ID対応デバイスでFace IDを高速化するための最適化が行われました。

見つかっているbeta 2の新機能は以下の通りです。(via MacRumors)

– SMBサーバーの接続性 – iOS 13の新機能の1つは、FilesアプリケーションでSMBを使用してサーバーに接続するためのオプションです。この機能は最初のベータ版では機能していませんでしたが、ベータ2版で機能しているので、iOS 13ユーザーは自宅のNASに接続するなどのことができます。

– ファイル内のAPFSドライブ – APFSフォーマットのドライブがFilesアプリでサポートされるようになりました。

– ダウンタイム – Appleのリリースノートによると、Screen Timeのダウンタイム機能はApple Watchと同期するようになりました。

– Safari Share Sheet – Safari Share SheetからWebページを共有するとき、それをPDFまたはWebアーカイブとして共有するための新しいオプションがあります。各アプリやアクションに最適な形式を選択する「自動」オプションもあります。

– Notesチェックリスト – iOS 13 Beta 2では、リスト内のチェックを外した項目を自動的にリストの一番下に移動する新しいオプションがあります。これを設定で調整したり、beta 2にアップデートした後に初めてリストを作成したときに表示されるポップアップを使用できます。

– Maps Splash Screen – 初めてMapsアプリを開いたときには、アップデートの新機能をすべて知らせるスプラッシュスクリーンがあります。

– 新しいAnimoji Stickers – iOS 13 Beta 2では、新しいポーズを取り入れた新しいAnimoji stickerが利用可能です。

– ハイキーモノラル照明 – 新しいハイキーモノラルポートレートモード照明オプションは、2018年iPhoneのベータ2で利用可能です。

– 縦モード照明スライダ – 縦モード照明オプションの強度を調整できるスライダが使用可能になりました。

– HomePodとApple TVの機能 – ベータ2でHomeアプリを開くと、HomePodでのマルチユーザー認識とApple TVでのプロファイルについて知ることができる新しいスプラッシュスクリーンがあります。 Hey Siriをまだ有効にしていない場合は、Hey Siriを設定するように指示され、プロフィールをApple TVに追加するように求められます。

iOS 13 beta 2のリリースのノートによると、以下の問題が解決されました。

  • AirPlayのミラーリング出力は期待通りの結果をもたらします。(51116513)

  • ウィジェットを編集するためにiPadを横向きに回転させる必要はありません。(49162249)

  • Face IDが予期しない動作をしなくました。(51205195)

  • macOS 10.15ベータ版またはXcode 11ベータ版を実行していないMacからiOSとiPadOS 13を実行しているデバイスを同期または更新することができます。(51325292)

     

iPadOS 13 beta 2のリリースのノートによると、以下の問題が解決されました。

  • AirPlayのミラーリング出力は期待通りの結果をもたらします。(51116513)
  • ウィジェットを編集するためにiPadを横向きに回転させる必要はありません。(49162249)
  • Face IDが予期せず動作しなくなりました。(51205195)
  • あなたはmacOS 10.15ベータ版またはXcode 11ベータ版を実行していないMacからiOSとiPadOS 13を実行しているデバイスを同期または更新することができます。(51325292)

 

このまでの新規の鬱については、以下の記事2本とiOS 13・iPadOSのカテゴリをご覧ください。