Googe、米中貿易戦争を受けて、ハードウェア生産を中国から台湾へ移転!

Googeが、米中貿易戦争を受けて、Nestサーモスタットとサーバーハードウェアの一部の生産を中国から台湾への移転を開始しています。

Googleは25%の制裁関税を避けて、米国向けマザーボードの生産の多くを台湾に移しており、アメリカ向けのNestデバイスの生産を台湾とマレーシアで増産しています。

Appleもこれらの流れに乗らざるを得ないとみられており、iPhoneの受託生産をしているFoxconnの幹部は、アメリカ向けのiPhoneについては、すべて中国外での生産が可能だと述べています。

(via Bloomberg