macOS Catalina、iPhone・iPadの同期は「iTunes」から「Finder」に移行!

macOS Catalinaでは、iPhone・iPadの同期は「iTunes」アプリからから「Finder」に移行しています。

「iTunes」アプリは、「ミュージック」「Podcast」「Apple TV」の3つのアプリに分割されます。

しかし実際は、それに加えてFinderもiTunesの機能を担っています。

それは同期機能です。macOS Catalinaでは、MacにiOSデバイスを接続するとFinderで接続デバイス表示されます。それをクリックすると、同期画面が現れます。バックアップや復元もこの画面で行うことができます。

Last Updated on 2019年6月6日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です