Microsoft、デジタルアシスタント(Siri、Alexa、Google Assistant、Cortana)の使用状況調査を公開!

Microsoftが、デジタルアシスタント(Siri、Alexa、Google Assistant、Cortana)の使用状況調査を公開しています。

調査は、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、インドで2,000以上の回答を得ました。

その調査結果(複数回答可能)によると、1番使用されているデジタルアシスタントは、AppleのSiriとGoogle Assistantで、ともに36%のユーザーが使用しています。続いて25%がAmazonのAlexaで、MicrosoftのCortanaは、19%でした。

AppleのSiriとGoogle Assistantは、それぞれiPhoneとAndroid携帯に標準搭載されているため、ユーザーが多くなっています。(もちろんSiriはHomePod、Google Homeで利用可能)

健闘しているのは、AmazonのAlexaで、オリジナルデバイスのEchoで利用し、スマートフォンでの利用はありません。同様にCortanaもWindows 10での利用です。

デジタルアシスタントの安全性については、52%が個人データは安全ではないと感じており、41%は録音されているのではと心配しています。 また、36%が個人データを使用したくないと答え、31%が自分の情報を非公開にしていないと答えています。

Microsoft→Voice report