AppleとQualcommとの特許訴訟を取り下げ和解!半導体供給・ライセンス契約を締結

2年にわたり、AppleとQualcommの間で争う割れていた特許紛争が、和解に達しました。
両社とも訴訟で泥仕合を行うよりも、和解によるメリットが多きいと判断しました。

Appleは、Intelにより5Gモデムの開発が遅れているためもあり、Qualcommとの複数年にわたる半導体供給・ライセンス契約を締結しました。Appleは、これによるクアルコムに特許使用料を支払います。

この契約締結でQualcommは、この先数年、大きな収入を確保することになります。

(via Bloomberg