Appleが、2020年のiPhoneに搭載するA14チップは5nmプロセスで製造

台湾のファウンドリ、TSMCが、2020年に提供する5nmチップの設計インフラストラクチャを発表しました。

TSMCの5nmプロセスは、これまでの7nmプロセスと比較して、その革新的なスケーリング機能により、ARM®Cortex®-A72コアで1.8倍のロジック密度と15%のスピードゲインを提供し、同時にプロセスアーキテクチャによって可能になる優れたSRAMとアナログ領域の縮小を実現するとのことです。

TSMCは、2020年までに量産に向けて250億ドルを投資する予定です。

当然ながら、Appleのチップは、その優れた技術からTSMCが独占供給しており、2020年に発売するiPhoneには、TSMC製のA14 Bionicが搭載される見込みです。

これまでのA10Fusionは16nm、A11 Bionicは10nm、A12 Bionicは7nmです。 A13チップは7nm +になる可能性があります。

(via MacRumors