米国でもFacebook離れが進行!過去2年間で1,500万人もユーザーが減る!

Marketplaceによると、2017年〜2019年の間にFacebookのユーザーが1,500万も減少していると推計できるとのことです。これはEdison Researchのラリー・ロジン氏の調査によるもので、Facebookを止めたユーザーの多くがInstagramに乗り換えているようです。

Instagramのユーザーは、過去2年間に米国人口の9%から16%に上昇していることから、Facebook離れはかなり深刻なようです。

日本で若年層は、TwitterとInstagramといった軽いコミュニケーションのSNSを好む傾向にあり、Facebookのような濃密なSNSは嫌われる傾向にあります。

米国でFacebook離れ起こっていると言うことは、Facebookの将来にとってかなり深刻な状況です。

ただし、さすがザッカーバーグです。将来的にFacebook単独では危ないとみていたのか、InstagramやWhatsAppを買収して、きっちりとリスク分散をしていました。

(参考:9 to 5 Mac