「iOS 12.2 betaのSafari」「macOSのSafari 12.1」は最新のインテリジェントトラッキング防止機能を搭載!

AppleのWebKitブログでの説明によると「iOS 12.2 betaのSafari」「macOSのSafari 12.1」は最新のインテリジェントトラッキング防止機能(Intelligent Tracking Prevention 2.1)を搭載しているとのことです。

ITP 2.1はクライアント側のクッキー保存を7日に制限します。この期間が過ぎると、クッキーは期限切れになります。 これはプライバシー、セキュリティ、そしてパフォーマンスの向上をもたらします。

ITP 2.1では、サイトごとに複数ではなく1セットのCookieしか使用できません。クロスサイトトラッキング機能を備えたサードパーティ製ツールでは、CookieにアクセスするためにStorage Access APIを使用する必要があります。

Appleは、この変更が開発者のためのクッキーの振る舞いを単純化し、Safariのメモリフットプリントを減らし、そしてIntelligent Tracking Preventionをより多くのプラットフォームと互換性を持たせると述べています。

(via MacRumors