Apple、iPhone、iPad、Macで動作するユニバーサルアプリのSDKを6月のWWDCで公開!

Bloombergによると、Appleが2021年までにiPhone、iPad、Macという3つのデバイスで動作するユニバーサルアプリをリリースすることを計画しているとのことです。

Appleは、6月にWWDCでリリースする予定の新しいソフトウェア開発キットを使って、開発者にiPadアプリをMacに移植させることを計画しています。

このプロジェクトのコードネームはMarzipanと呼ばれています。これによりOS自体を統合するのではなく、アプリ開発環境によってiOSとmacOS用を別々に開発する必要が無くなります。

これはARM系チップ搭載のMacの登場を示唆しているのかも知れません。

(via MacRumors