iPhone組み立てのFoxconn、米中の貿易戦争が長引けばベトナムに工場を建設

Reuterによると、Appleの最大のサプライチェーンパートナーであるFoxconnが、中国と米国の間の貿易戦争を回避する手段として、ベトナムに新しい工場を建設することを検討しているとのことです。

現在、iPhoneの組み立ては、インドやブラジルで旧型モデルが少量生産されているのを除いて、ほとんどが中国国内で行われています。

Foxconnは、米中貿易戦争によって、中国国内で生産されたiPhoneに多額の関税がかけられることによって、Appleが他のサプライヤーに組み立てを移行する可能性があることを恐れています。

そのため、先手を打ってベトナムでの工場建設を検討していますが、ベチオナム工場建設においてはインフラの整備の点で不安があります。