iPhone減産の影響でシャープが約3,000人雇い止め!?

iPhoneの販売が伸び悩んでいることは、以下の記事で報じました。

さらにシャープの亀山工場の生産にまで大きな影響を及ぼしているようです。

朝日新聞によると、「シャープ亀山工場(三重県亀山市)で、下請け企業に有期雇用されて働いていた日系外国人労働者約2900人が今年に入り、雇い止めなどで相次ぎ退職していたことがわかった。工場でつくる米アップルの「iPhone(アイフォーン)」用部品などの減産が影響しているとみられる。外国人を含む非正社員が、雇用の調整弁となっている状況が改めて浮き彫りになった。」とのことです。

Appleは、iPhoneの版場不振を受けてか、四半期ごとの決算発表でiPhoneの販売台数を公表しないと述べています。

販売不振の理由は、スマートフォンの中でも価格の高いiPhoneの買い換えサイクルが、めざましい新機能導入が無いため、伸びていることや、ハイエンドの製品を購入できる層に行き渡っていることがあげられます。