Appleキャンパスのスティーブ・ジョブスシアターが、「構造賞2018」(Structural Award 2018)を受賞

Appleキャンパスのスティーブ・ジョブスシアターが、構造技術者協会が主催する「構造賞2018」(Structural Award 2018)を受賞しました。

この賞は、構造技術の創造性、革新的で先進的な構造物に与えられる賞です。

受賞したスティーブ・ジョブスシアターの地上部には柱が全くなく、ガラスパネルだけで80トンの屋根が支えられています。ガラスパネルは、7メートルの高さでガラスの厚みは12ミリで、強度を持たせるため4層構造になっています。

屋根に必要な導管、スプリンクラーパイプ、データ・オーディオ・セキュリティシステムの配線がガラスパネル間の30mmジョイントに収まるように設計されています。

(via AppleWorld.Today