Apple、睡眠状態をトラッキングする「ベッドに装着する生理学的測定のためのマルチエレメントピエゾセンサー」を開発

Appleは、Apple Watchに心拍測定機能や心電図測定機能を組み込むな健康管理の機能開発に力を入れています。

現在は、血液中のグルコースを血液を採取せずにApple Watchで測定し、糖尿病の管理に役立てるための機能を開発中だと言われています。

この度、米特許商標庁が公開したAppleの特許「ベッドに装着する生理学的測定のためのマルチエレメントピエゾセンサー」は、その名称の通り睡眠状況を把握するためにベッドに装着するセンサーです。

Appleが開発したセンサーには2種類あり(トップ画像)、携帯用とベッドにいつもピエゾフィルムを装着しておくものです。既にAppleは、Bedditという睡眠トラッキングの企業を買収していますので、その技術を利用した可能性もあります。

さらに実際に販売する際には、睡眠解析のソフトウェアが必要ですから、そのノウハウは、Bedditの技術を元に開発される可能性が高いと言えます。

(via AppleInsider