【Appleスペシャルイベント速報】Apple、「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」を発表!

Appleが、5.8インチOLEDディスプレイの「iPhone XS」、6.5インチOLEDディスプレイの「iPhone XD Max」、6.1インチ「iPhone Xr」を発表しました。

「iPhone XS」「iPhone XS Max」

5.8インチOLEDディスプレイの「iPhone XS」のカラーは、ゴールド、シルバー、スペースグレイの3種です。防水性がアップしています。

6.5インチOLEDディスプレイのiPhoneは「iPhone XS Max」で、5.8インチと同様にスーパーRetinaディスプレイです。Appleは、動画視聴や動画編集が楽しめるとPRしています。

また、Maxは、ステレオサウンドをサポートしています。もちろん「iPhone Xs」と同様にFace ID搭載です。

以上の2つのモデルとも「A12 Bionic」チップを搭載しています。業界初の7nmプロセスのCPUは6コアで、GPUは4コアです。スピードは50%高速化され、40%エネルギーを節約することができます。

ゲームが好きなユーザーには、チップのパワーアップとディスプレイの美しさに魅了されるかもしれません。

ストレージは、最大512GB になります。

世界で一番使われているiPhoneのカメラもアップグレードされます。フロントカメラは7Mピクセルのデュアルカメラになります。Face IDも高速認識になります。リアカメラはデュアルの12Mです。

カメラにはHDRを進化させたスマートHDRが搭載されます。対象物が動いていても、その間に明るさを計算され、素晴らしい再現性を示すとのことです。

ポートレートモードでは、被写界深度をF値で調整できるのも新機能です。動画撮影では4つのマイクでステレオ録音が可能です。

バッテリー持続時間については「iPhone XS」が「iPhone X」よりも30分延びています。「iPhone XS Max」は、90分も伸びています。

2つモデルには、DSDSのデュアルSIM機能が搭載されます。中国国内用は、2つの物理SIMで、ほかの国では2番目のSIMはeSIMとなります。

「iPhone XR」

6.1インチのLCDモデルは「iPhone XR」です。シングルカメラの低価格モデルとなります。

「iPhone XS」のようにスリムベゼルでFace ID搭載です。ディスプレイは、新たにリキッドRetinaと呼ばれています。ディスプレイには、タッチすると反応するハプティックタッチが搭載されています。チップは「iPhone XS」「iPhone XS Max」と同様の「A12 Bionic」です。

デュアルカメラではありませんが、ソフトウェアでボケ写真を撮影することができます。スマートHDRも搭載で、かなり高性能です。

バッテリー持続時間は、iPhone 8 Plusよりも90分も延びています。

「iPhone XS」の価格は、64GB、128GB、512GBの3モデルで、999ドルからです。「iPhone XS Max」は、64GB、128GB、512GBの3モデルで1099ドルからです。予約は9月14日から、発売は9月21日です。

「iPhone XR」は、64GB、128GB、256GBで799ドルからです、10月19日予約開始に10月26日発売です。

旧モデルのiPhone 8は599ドルに値下げされ、iPhone 7は499ドルに値下げされます。

以下はスペシャルイベントの纏め動画に関する記事です。

以下はiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの価格に関する記事です。