著名アナリスト、iPad ProはUSB-Cを採用、低価格MacBookにTouch ID搭載、Apple Watchに心電図機能搭載ほか

Apple製品に関する著名アナリストのMing-Chi Kuo氏が、まもなく発表される新製品についての予測を発表しています。

6.1インチLCDのiPhoneは、組み立てやディスプレイの問題のため、発売が9月下旬〜10月上旬になるとのことです。

iPad Proについては、Face IDを搭載し、Lightningコネクタの代わりにUSB-Cを採用し、新しい18W USB-C充電器を同梱します。

Apple Watchは、スリムベゼルとなり、新たに心電図機能を搭載します。そして、すべてのモデルがセラミックバックとなります。(現在のGPSのアルミニウムモデルは、複合ガラスを使用しています)

また、低価格のMacBookにはTouch IDが搭載されるとのことです。

ほかにAirPods 2とAirPower(ワイヤレス充電器)が発売されますが、AirPods 2については、「Hey、Siri」に対応するか、単独で充電ケースが発売されるかは、よく分からないとのことです。

iPhoneのモデルおよび名称については、「iPhone Xs」と呼ばれる5.8インチOLEDモデル、「iPhone Xr」と呼ばれる6.1インチLCDモデル、「iPhone Xs Max」と呼ばれる6.5インチOLEDモデルになるとのことです。(名称については、情報が錯綜していて、いまだに集約されていない状況です)

(via 9 to 5 Mac

iPhoneの名称については別の情報もあります。以下の記事をご覧ください。