「iPhone X」の後継モデルは「iPhone XS」ではないかも?

Bloombergによると、9月に発表されるiPhoneは、3機種でどれもがFace IDを持つことには確実です。しかし「iPhone X」の後継モデルの名称は、通説となっている「iPhone XS」ではないかもしれません。

ただ、これまでの噂の通り、5.8インチ、6.1インチ、6.5インチの3モデルが発売されることは確実です。また、注目なのは最近、社内で次期iPhoneの名称を複数回変更しているとのことです。

Appleは、iPhone Xの後継モデルを「iPhone Xs」と考えていましたが、現在は、6.5インチの「iPhone Xs Plus」の「Plus」も慎重に検討しているとのことです。従って、Bloombergは、最終的なモデル名は、発表まで分からないと述べています。

スペックとしては、5.8インチiPhone X後継モデルの場合、主な変更点は、処理速度とカメラのアップグレードです。低価格の6.1インチiPhoneは、iPhone Xと視覚的に似ていますが、複数のカラーオプションがあり、ステンレススチールの代わりにアルミニウムエッジがあり、安価な液晶画面が使用されています。ソースによると「安いバージョンのアルミニウムのエッジは、必ずしも色付きガラスバックと同じ色ではない」ということです。

さらに前の噂では、3つのモデルはいずれもFace IDを持ち、2つの大きめのiPhoneは「少なくとも一部の地域では」デュアルSIMカードスロットを持つことになるとのことです。

(via MacRumors