Appleの教育系スペシャルイベント「Let’s Take a Field Trip」で発表が期待される製品

Appleが、日本時間の3月28日午前0時から開催する教育系のスペシャルイベントは、珍しくシカゴで開催されます。

Appleは、教育現場へのSwiftプログラミング言語の普及を推進しており、iPadを使ったコーディングなどの新しい教育プログラムが発表される可能性があります。

しかし、それはおそらくアメリカを中心としたもので、日本のAppleファンが期待することは、同時に新製品が発表されるかどうかということです。

今のところ予想されているのが、教育現場向けの新iPadです。これまでの37,800円 (税別)よりも価格を下げ、なおかつ、Apple Pencilが使用できる製品です。

しかし、これが従来のiPadのCPUやGPUをアップグレードして価格を下げたものなのか、またっく教育向けの新しいiPadどなのかは分かりません。

また、Apple Pencilも、10.5インチiPad Proとの差別化が図られた、価格と性能が落とされたものである可能性があります。

もう一つの注目はMacのラインアップで低価格となっているMacBook Airの新モデルです。

MacBook Airは、エントリーモデルとしてRetinaディスプレイ搭載で、これまでと同様の税別で10万円以下の価格にし、大量購入の場合は特別割引をして、教育分野普及させるプログラムを発表する可能性もあります。なお、MacBook Airは、新モデルとして名称を変更するかもしれません。

これはスペシャルイベントでは、発表されませんが、イベントにあわせてApple純正のワイヤレス充電器、AirPowerが発売される可能性も高まっています。

ほかにも、時期は遅れるかも知れませんが、新カラーのiPhone XやiPhone SE 2の発売も考えられます。