Apple、Mac用にゴミや液体が浸入しにくいバタフライキーボードを開発!

Appleにっとって、MacBookやiMacなどのキーボードの入力感はユーザーの人気を左右する重要な部分です。

そのAppleは、MacBook Proと12インチMacBookのキーボードをバタフライ構造のキーボードに変更しましたが、クリック音が大きいとか、キータッチが浅いとか様々な不満が出ていましたが、2017年でかなりの部分において改良が施されました。

また、MacBookに関わらずキーボードの利用上困ることは、液体やゴミの侵入によって、キーが押せなくなることですが、今回公開されたAppleの特許では、その侵入をできるだけ防ぐような構造を作っています。(via The Verge

要するにキーの下部に溜まらないようにキーの下に侵入を防ぐようにしています。

この構造はタッチの感覚にも影響を与えるので、実際に採用されるかどうか分かりません。しかし、Appleが絶えず、キーボードの改良について研究していることは確かです。

(via 9 to 5 Mac