高価なiMac Proを購入してメリットのあるユーザーは?

iMac Proの最低価格は日本円で558,800円(税別)です。iMac Proがハイパワーであることは分かっていますが、果たしてその価格がその機能に見合うのかどうか、それが購入をためらう原因の一つです。

MacRumorsのビデオエディタのDan氏は、最近、8コアのエントリーモデルのiMac Proを購入しました。同氏は、そのiMac Pro、5KiMac、MacBook Proについてビデオ編集に関するパワーを比較してみました。

比較したのは3.2GHzの第6世代のIntelプロセッサ、24GBのRAM、1TBのFusion Drive、AMD Radeon M390グラフィックスカードを搭載したエントリーレベルの8コアiMac Pro、3.2GHzのIntel Xeon Wプロセッサの2015 LateのiMac、 2.7GHz第6世代Intelプロセッサ、16GB RAM、256GB SSD、AMD Radeon Pro 455グラフィックスカードの2016 MacBook Proです。

当然のことながら、iMac Proはベンチマークやパフォーマンスのタスクは、iMacやMacBook Proと比べると、プロセッサとGPUパワーにより、より高速であり、実際の操作もスムーズでした。

iMac Proでは、複数のシステムを集中的に使用するアプリケーションを開いていても、ビデオを編集すると非常に高速です。大きな排気音はありません。

要するにiMac Proは、ビデオ編集を主な仕事とする人や趣味でも多用する人には、かなりのメリットがあると言うことです。

それ以外ならば、5KiMacやMacBook Proの上位モデルで十分と言うことです。

(via MacRumors

以下の記事もご参考にしてください。