iFixit、iMac Proの分解レポートを公開!RAMとSSDはモジュール式

分解レポートで有名なiFixitが、iMac Proのベースモデル、8コアプロセッサ、32GBのRAM、1TBのSSDを搭載したiMac Pro(4,999ドル)を分解しました。

iFixitは、iMac ProのRAM、CPU、およびSSDがモジュール式であり、購入後に交換できることを発見しましたが、主要コンポーネントの交換にはiMac Proの完全分解が必要です」

標準的な27インチiMacは背面に小さなハッチがあり、購入後のアップグレードのためにRAMに簡単にアクセスできますが、iMac Proには、そのハッチがありません。

Appleは、RAMを交換についてiMac Proのユーザーに対して、Apple Storeまたはアップル正規サービスプロバイダでRAMを交換する必要があると述べています。

RAMは、標準のチップを搭載した標準の288ピンDDR4 ECC RAMスティックを使用しています。iFixitは、独自の2,000ドルのRAMアップグレードキットを使用してアップグレードすることが可能ですが、4つのモジュールをすべて交換する必要があります。

CPUのアップグレードは理論的に可能ですが、AppleがカスタムメイドのIntelチップを使用しているため、実際にアップグレードが可能かどうかは不明です。

SSDの場合もモジュール式でリムーバブルですが、アップル社がカスタムしています。 CPUとは異なり、GPUはBGAハンダ付けされており、取り外すことはできません。

iMac Proの内部は、他のiMacとはまったく異なっています。Appleによれば、Xeon-WプロセッサとRadeon Pro Vega GPUをマシンに組み込むための新しい熱設計が導入されています。

新しい熱設計では、巨大なデュアルファンクーラーが使用されています。iFixitは「巨大なヒートシンク」と「大きなリアベント」と呼んでいます。

iFixitは、SMC、画像信号プロセッサ、SSD、セキュアエンクレーブ、ハードウェア暗号化エンジンを制御するために設計されたT2チップの次に「Apple 338S00268」チップを発見しました。これは噂のA10 Fusionコプロセッサで「Hey Siri」機能などが可能になります。

アップルのiMac Proは、標準の27インチ5K iMacで使用されているものと同じLGディスプレイパネルを装備しているようですが、新しいケーブルと異なるカメラ設定のため、モデル間で画面を交換することはできません。

iFixitは、修理や交換が必要な内部コンポーネントを開くのは難しく、iMac Proに10ポイント中3ポイントの修理可能性スコアを与えています。

(via MacRumors