Apple、「わざと古い機種のユーザーエクスペリエンスを低下させて顧客にアップグレードを促したりすることは決してない」と主張

Appleが、公式ページで「製品の寿命を意図的に短縮したり、ユーザーエクスペリエンスを低下させて顧客アップグレードを促進したりすることは決してない」と主張しています。

これは、Appleが製品の買い換えを促すために、古い製品のバッテリー寿命を延ばすことを理由にiOS 10.2.1以降、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEなどの古い製品のパフォーマンスを下げていることが分かり、これについてAppleは、事故などを防ぐためだと説明していますが、一部のユーザーは納得せず、訴訟にまで発展しています。(iOS 11.2でこのサポートの対象をiPhone 7とiPhone 7 Plusにも広げています)

Appleは、これらのユーザーからの不満に対して以下の対応をとると説明しています。

* 保証外のiPhoneのバッテリー交換価格は、1月下旬から2018年12月まで79ドルから29ドルに引き下げられます。Appleは近い将来に価格低下に関する詳細情報を提供する予定ですが、(対象は、バッテリーを交換する必要のあるiPhone 6以降をお持ちのユーザー)

* iOSアップデートでは、2018年初頭に、ユーザーのiPhoneバッテリーの状態をより詳細に把握するための新機能が導入され、バッテリーの状態がパフォーマンスに影響を与えるかどうかが明確に分かるようにします。

以上のような対応でユーザーの不満を和らげる予定のようです。

(via MacRumors

日本語版のサポート文書が公開されました。

以下が訴訟の記事です。