AirPods(第2世代)の発売は、2018年中期〜後期にずれ込む

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏によると、ホリデーシーズンにおけるAirPodsの需要は高く、生産が追いついていないとのことです。

実際に諸外国ではオンラインストアのAirPodsの出荷予定日が1月になっているところもあり、日本でも記事公開時に12月30日(土)となっています。

Kuo氏によると、2018年におけるAirPodの出荷台数は前年比100%増の2,600〜2,800万台になると予測しています。

また、Kuo氏は、第2世代AirPodsの内部的な変更の1つに「より小さな石英コンポーネント」が含まれると述べていますが、新機能や外観の変化については詳しく述べていません。

すでにAppleは、iPhone、Apple Watch、AirPodsに対応する新しい「AirPower」というワイヤレス充電器をリリースする予定です。これにあわせて第2世代AirPodsの外部ケースもAirPower対応に変更される予定です。

(via MacRumors