iMac Proが固まった場合、復元にはもう一台のMacが必要!

ソフトウェアアップデート中の停電などでiMac Proが応答しなくなり、復元が必要な場合、iMac Proのユーザーは、もう1台のMacがないと、元の状態に戻すことはできないとのことです。

iMac Proを復元するには、インターネットに接続しConfigurator 2.6以降のインストールているMacが必要となります。OSはmacOS High Sierraを実行してなければなりません。

復元するiMac Proともう一つのMacとはThunderbolt・USB-C → USB-Aへの変換するケーブルで接続します。
iMac Proの方ははイーサネットポートに最も近いThunderboltポートにケーブルを接続します。

復元は電源ボタンを押しながらiMac Proを起動させます。
2台目のMacでApple Configuratorを使用し、復元処理が完了すると、iMac Proは再起動し再びアクセス可能になります。

このような復元が必要なのは、システム管理コントローラ、カメラの画像信号プロセッサ、オーディオコントローラ、SSDコントローラ、セキュアエンジン、およびハードウェア暗号化エンジンを統合した「T2」チップを搭載しているためです。

これはiPhoneやiPadの復元が必要になったときにiTunesに接続するのと似ています。

(via MacRumors